生演奏で癒しを提供

事業内容・代表者プロフィール

  • HOME »
  • 事業内容・代表者プロフィール

■代表者 伊敷ゆき

 

私は小さな島沖縄で生まれ育ちました。
8歳で姉の真似をしてはじめたクラリネット。その時はこんなにも長く音楽に関わるとは思ってもみませんでした。

クラシック音楽の本場ドイツで、世界的なソリストである師に教わる生活は、毎日が学びであり充実した日々でした。街には音にあふれ、人々は身近に音楽に触れられる環境がありました。演奏者は自分の心から表現をし、音楽を楽しむ。その姿勢に心打たれました。

ドイツから帰ってきた私は日本の音楽業界の現状に驚かされました。日本には高い技術を持ちながら、働く場がないために困っている若い音楽家がたくさんいました。
音楽大学で教育を受けるためには多くの時間と労力が必要です。周りの協力をもらって専門教育を受けたにもかかわらず、社会に自分たちの力を還元できずに埋もれていくのは、大きな損失だと思いました。

スマートフォンなどで簡単に音楽を聴ける今の時代、音楽業界は以前より厳しい状況に置かれています。しかし質の高い音楽を目の前で聞くことで生まれる感動、その価値は決してなくなるものではありません。

若い音楽家と演奏を求めるお客様をつなぐことを思いついたのは、その現状を知ったからです。

音楽を通してたくさんの人が出会い、笑顔が生まれる。演者もお客様もどちらも幸せになる。そんな事業をIshiki音楽プロモーションは目指しています。
一人でも多くの方に感動をお届けするなかで、今まで私を支えてくれた方々、そして故郷沖縄に恩返しができれば幸いです。

 

代表者 伊敷ゆき音楽歴

伊敷祐希幼少期

 

2010 日本クラリネット協会主催第7回クラリネットアンサンブルコンクール一般A部門第2位。
2012 沖縄県立芸術大学音楽学部奏楽堂演奏会「ジャズオーケストラの響き」にクラリネットソロで出演。
2012 C.M.Weber作曲クラリネット協奏曲第2番を沖縄県立芸術大学オーケストラと共演。
2014 日本クラリネット協会主催第11回クラリネットアンサンブルコンクール一般A部門入選、一般C部門第1位。
2016 「琉球交響楽団と県立芸術大学による夢のかけはしコンサート」にエキストラとして出演。
2016 山形交響楽団「スクールコンサート」、「ホリデーコンサートin新庄」にエキストラとして出演。
2017 沖縄県浦添市てだこホールにて「伊敷祐希クラリネットリサイタル」を開催。
2018 山形交響楽団「オーケストラの日2018」にエキストラとして出演。
2018 山形交響楽団「スクールコンサート」にエキストラとして出演。
2018 NHKホール ヴァイオレット・エヴァーガーデン フィルム&コンサート出演。

 

沖縄県立芸術大学器楽専攻卒業、同大学院修了。

修了後ドイツに渡り、カールスルーエ音楽大学Kontaktstudium修了。

日本クラリネット協会主催第7回クラリネットアンサンブルコンクール一般A部門第2位。

2012年11月、C.M.Weber作曲クラリネット協奏曲第2番を沖縄県立芸術大学オーケストラと共演。

これまでにクラリネットを新垣亜貴子、狩俣裕、根間安代、横井操、村井祐児、松本健司、Wolfgang Meyer、Daniel Bollinger、Eduard Brunner、バスクラリネットをLeonie Gerlach

、室内楽を横井操、村井祐児、松本健司、Wolfgang Meyer、Daniel Bollinger、Eduard Brunnerの各氏に師事。

2016年帰国後、活動の拠点を東京に移し精力的に活動を行っている。

 

■事業内容

屋号 Ishiki音楽プロモーション
代表者 伊敷ゆき
事業内容 イベント内の生演奏、個人レッスン 音楽の事業に関わること等
お問い合わせ https://ishiki-p.com/contact

 

PAGETOP
Copyright © Ishikiプロモーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.